サイトのディレクトリにWordPressをインストールした場合の注意事項

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 2分29秒

WordPress最近のレンタルサーバはWordPressを自動でインストールできるので、手動でインストールすることはあまりないかもしれません。

 

私の場合、サイト自体をWordPressで設定するわけでなく、一部のページをWordPress化する必要があったため、手動でサイトのディレクトリにインストールしました。

 

そこで気づいた注意点をメモとして記載します

 

まず困ったのが、設定項目の入力が日本語でできなくなっていて(アルファベットは可能)、

次に、ページを作成したらすべてのリンク先が404エラーになってしまいました。

 

WordPress設定項目の入力が日本語でできない(アルファベットは可能)!

 

なぜか、サイトタイトルを入力し、更新ボタンを押すと消える。。。。

しかしアルファベットの場合はキチンと表示される。

 

これは、htaccessに以下を記載することで解決しました。

 

 

php_flag mbstring.encoding_translation offphp_value default_charset “UTF-8”

 

 

WordPressで作成したページのすべてのリンク先が404エラーになる

 

さてページを作成したのだが、なぜか指定したリンク先ページが表示されず

以下のような画面になる。

 

リンク先が404エラー表示される

 

どうやら原因は、パーマリンクをカスタムに設定したことが問題のようでした。

私が設定したパーマリンクのタイプは、カテゴリー名を含むパターン。

 

/%category%/%post_id%/

※パーマリンクのカスタム設定についてはこちら

 

 

このように、パーマリンクをカスタム設定した場合は、htasscessの設定が必要らしく下記のコードを記載すれば問題解決しました。

 

<IfModule mod_rewrite.c>RewriteEngine On

RewriteBase /■■■■■■/

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d

RewriteRule . /■■■■■■/index.php [L]

</IfModule>

 

■■■■■■はインストールしたディレクトリフォルダ名を入れます。

 

これで、問題なくリンク先が表示されました。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です