[バルコニー改造計画3] エアコン室外機カバーを取り付けてみた

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 1分46秒

バルコニータイルをデザインして敷き詰め、西日抑制にオーニング設置と、

かなり良い感じにバルコニーが変身してきました。

 

 

ここで、ひとつ問題が発生。

 

リビングのエアコンの室外機の温風がヒドイ。

これでは、せっかくのバルコニーも居心地が悪く、台無しである。

 

そこで、エアコンの室外機カバーを検討、設置しました。

 

結論からいいますと、これはかなりの大正解!

温風が上に逃げるので、まわりへの影響は無くなりました。

※音に関しては、さすがに仕方ないですね。

 

検討したエアコン室外機カバーはこれ

※室外機カバーについて詳しくはこちら

 

このエアコン室外機カバーの特徴

 

  • 温風が上方向へ流れる
  • プランターも近くにおける
  • 天版は砂利加工されており強度、雨水の耐久性が良い
  • デザインも悪くない
  • ダークブラウンなので我が家に相性がいい

 

エアコン室外機カバー設置の注意点

 

実は、サイズをミスりました。

導入を検討される場合は、以下に注意してください。

 

●室外機周りの空間に余裕があるか

我が家の室外機は、配管化粧カバーが室外機と一部、密着していたので、

そこが邪魔になり、全体をスッポリカバーすることができませんでした。

 

図で説明するとこんな感じ↓↓

エアコン室外機カバーの取り付け注意

 

しかし、見た目は許せる範囲でOK!

エアコン室外機カバー設置

 

第4段はこちら、オリーブの木をバルコニーに置いてみた

 

LINEで送る
Pocket