パソコン(Windows)を軽くする、Advanced SystemCareプロ版を使ってみた

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 4分12秒

Advanced SystemCareさて、今回はWindowsの内容となります

 

仕事では主にWindowsを使用しいます。

最近どんどんPCの動作が遅くなってきており、なんとか、サクサク軽くならないものかと日々格闘しています。

 

 

そこで、Advanced SystemCareという、Windows専用のユーティリティソフトを見つけました。

※バージョンが6.0にアップしました。改めて内容をまとめ直しています。最新版の内容はこちら

 

何ができるかというと、

 

クイックケア

  • マルウェアやセキュリティの脅威を削除
  • 性能改善のためのレジストリをクリーンアップ
  • 無駄なショートカットを削除
  • プライバシー履歴、痕跡を消去
  • ジャンクファイルのクリーンアップ

 

 

ディープケア 上記に合わせて

  • システムの最適化
  • スタートアップ最適化
  • セキュリティ防御
  • ハードディスクエラーを修復
  • Windeowsの脆弱性を修復
  • ハードディスクのデフラグ

 

その他、強力なツールが揃っていて、

  • アンインストーラー (関連ファイルまで検索して削除してくれる)
  • スタートアップマネージャ (無駄なスタートアップファイルを無効にする)
  • ファイルの復元(削除してしまったファイルが復元できる)
  • ターボブースト (通常使わないシステムやアプリケーションを無効にしてメモリを節約する)
    ※ターボブースとの活用方法についてはこちら 

 

と、なかなか使えるやつなのです。

 

しかもこれでFREE!

ダウンロードサイトはこちら

http://jp.iobit.com/

 

FREE版を使い始めて3カ月。

それなりに効果はありますが、劇的というほどでもないかな。

こんなものなのかなー。少し物足りない。

 

そこで、アップグレードするプロ版というのもあり、さすがにこれは有料

ライセンスが3,980円と、安いのか、高いのか。。。。

 

ユーティリティにお金を出すのは、ちょっとね。悩み続けて3カ月。。。

プロ版を試してみた。

 

FREE版との違いはこんな感じです

Advanced SystemCare プロ版とFREE版の違い

ライセンスコードを入れてポチ。

アップグレードは簡単に終了

 

で気になるパフォーマンですが、

まず、結論から、

 

これはかなり強力です!

 

以下、私のPCでの調査結果です

 

※メモリ2GBのDELLノートパソコンです(PRECISION M2300)

※OSはWindowsXP SP2

 

まずFREE版でディープケアをし、

PCを再起動してから、何もしてない状態のパフォーマンス。

 

FREE版でケアした後のタスクマネージャ

 

PF使用量は約1GB

結構重い。

 

そして、プロ版にアップグレードして、再度ディープケア!

Advanced SystemCareプロ版のディープケア

 

なんとですね、

FREE版では、一切エラーが出なかった

「完全マルウェア削除」の項目に25問題のエラー

 

さらに

「ディープレジストリ修復」に1504問題のエラー

 

FREE版で問題修復した後なので、エラー数の多さに驚きです。

 

レジストリのエラー詳細を見ると

Advanced SystemCare ディープレジストリ修復の詳細

 

内容は良くわかりませんが。。

取りあえず修復をポチ!

 

すると数秒で修復完了!

さて気になるパフォーマンスですが

 

念のため再起動してチェックしました。

Advanced SystemCareプロ版でケア後のタスクマネージャ

 

なんと、583MB

 

FREE版でケアした後で988MBだったので、

約400MB軽くなっています。

 

これはすごいかも。

 

そこで、体感的にはどうだろう。

イラストレータを起動、フォトショップを起動してみる。

起動時間まで測ってないのですが、少し早くなった気がします。

 

メモリを足そうかと思ってたけど、取りあえず当分はこれでいけるかな。

 

FREE版ではやはり、少し物足りなかったですが、有料版はさすがに効き目抜群でした。

パソコンが重くて困っている方は、メモリを足す前に利用価値アリです。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です