iPhoneでキレイにスキャンできるアプリ!電気代などの明細書を保存・管理する(Scan Pages)

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 4分38秒

RICOH、Sacn Pages普段の電気代や水道代、その他はがきで送られてくる書類など、どう管理していますか?

私は確認したらそのままシュレッダーしていたのですが、どうも去年の同じ時期と違う?という不信感から、残すようにしました。

 

まー、コストの管理という面でも、残して把握しておくのは大切かもしれません。

 

そこで、私はiPhoneで写真を撮り、それをスキャンデータにして、タグ付けしてEvernoteにポイ、というスタンダードな方法。

いざというときは簡単に取り出せるので、安心です。

 

iPhoneのスキャンアプリは結構ありますが、

私はこのRICOHが出している「Scan Pages(無料)」を愛用しています。

 

 

Scan Pages

価格:無料
Scan Pages - Ricoh Innovations

アプリをダウンロード

 

EvernoteEvernote

価格・無料
Evernote - Evernote

アプリをダウンロード

 

Scan Pagesのいいところ

 

  • 無料ながら、スキャンアプリとしての精度が非常に良くてキレイ!さすがリコー!
  • アプリからそのままEvernote・Dropbox・Google Dogs・Emailに送信できる
  • Jpeg、PDFを選択して保存できる
  • 自由にタグ付けしてアプリ内に保存できる(後で探すのに便利)
  • 他のスキャンアプリも使ったが、コレが今のところ簡単でキレイ

 

※若干、スキャンに時間がかかりますが、精度が良いので我慢しています。

 

 

Scan Pagesで明細や書類をスキャンする

 

私は、必要書類、明細をiPhoneのカメラで撮影をしておきます。

そして、時間のあるときに後でまとめてEvernoteに転送。

 

明細を保存・管理し続けるコツ

 

  • 明細の写真を撮る時、影や映り込みなどキレイにとるのは難しいので、あまり気にしない
  • ピントだけ注意してキレイにとる

こんなものに完璧を求めない、残せて、確認ができればそれでOK!くらいの気持ちで

 

Scan Pagesの基本的な使い方

 

では明細の写真を撮っておきます。

キレイに撮るに越したことなないですが、

私は適当な感じです。ピントだけはきっちり合わせておきましょう。

スキャン用写真

 

Scan Pagesを立ち上げます。

※左上の「i」マークから、Evernote、Dropboxなど、各種ログイン設定をしておきましょう。

 

カメラロールに保存されている写真フォルダから、

目的の写真を選択します。

Scan Pages立ち上げ画面

 

黄色い矩形が表示されるので、スキャンしたい範囲をタップして調整します。

調整できれば「Scan」をポチ

Scan Pages矩形でスキャンサイズを選択

 

バーが上下して、スキャンを始めます。

※少し時間がかかりますが、精度はバツグンです。

Scan Pagesでスキャン開始

 

スキャンが完了しました。

文字は結構、キチンと読めます。

※写真をキレイにとれば、それだけ精度は上がります。

スキャンの完了

 

Scan Pagesではタイトルをつけることができるので、

後で検索などしやすいような名前にしておき、

「Export」をポチ

Scan Pages、タイトルを入力

 

目的のサービスを選択します。

ここでは「Evernote」へ。

※ログイン設定がされていない場合は、直接設定画面が表示されます。

Scan Pages、Evernoteへ転送

 

「JPEGs」か「PDF」か選択します。

※私は取りあえずどんなデバイスでも見れるよう「JPEGs」を選択しています。

Scan Pagesでは「JPEGs」か「PDF」か選択できる

 

Evernoteのノート作成画面が表示されます。

※タグなど設定している場合は追加しましょう。私はタイトルだけで十分。

「Send」をポチ

Scan PagesのEvernoteのノート作成画面

 

これで転送はOKです。

Evernoteへの転送完了

 

「Done」ボタンをタップして終了すると、

この書類はアプリ自体にも保存されます。

タグ設定をしておくと、タググループで表示ができるので便利です。

 

私の場合は、「電気」「水道」「保険」といった具合に。

Scan Pages、タグ設定

 

タグは直接、「タグ+」アイコンボタンからでもできますし、

設定画面からもできます。

 

Scan Pagesのタグ設定

 

アプリトップの画面右上の「i」マークをポチ

「Setting」をポチ

Scan Pagesのタグ設定

 

一番下の「Edit tag list」をポチ

Scan Pages、Edit tag list、タグ設定

 

「Edit」から新規に作成します。

タグ設定画面

 

私はいらないものを整理して、こんな感じ

オリジナルタグ設定

 

ちなみに、Scan Pagesのすごいところは、

用紙が白くないこんなメモでも、キレイに読み込むことができます。

リコー、すごい!

Scan Pages,スキャン精度がすごい

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です