Advanced SystemCare6.0 Pro版でWindowsパソコンを高速化する(IObit)

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 5分49秒

AdvancedSystemCare6.0プロ版以前にAdvanced SystemCareについては投稿していたのですが、最近バージョンアップしたので、改めてまとめ直してみたいと思います。

 

Windowsパソコンのパフォーマンスを最大限に利用するには、やはりメンテナンスが必要だということを、このソフトを利用してつくづく思い知らされました。

 

Windowsパソコンの重くなる原因

 

いろいろありますが、私の場合は以下が主な原因です。

  • 無駄なアプリ・ソフトがインストールされている
  • ソフトをアンインストール・削除した際に、関連ファイルのゴミが残っている
  • 履歴やキャッシュなどが自然と溜まっている
  • ダウンロードしたものが、ダウンロードフォルダにそのままの残っている
  • ハードディスクのデフラグを行っていない
  • バックグラウンドアプリが起動している

 

このAdvancedSystemCareを使って、これらの無駄なゴミを常に、削除・整理することで、非常にストレスが軽減され、パフォーマンスが上がりました。

 

Advanced SystemCare、フリーとプロ版の違い

 

この2点だけなんですね。

  1. レジストリクリーナーの高度なチューンアップ
  2. インターネットブースターによるインターネットの高速化

 

しかし、このプロ版のレジストリクリーナーの威力は

フリー版のクリーンとは比較にならない程、強烈です。

 

しかし、ほとんどこの一つの機能だけにお金をかける価値があるのかどうか、、、

と迷ってしまうのですが、使ってみて思うには、プロ版にしないとこれはやはり意味がないと思います。

 

私も長い間フリー版を使ってましたが、それほど劇的なことはなく、プロ版は劇的にパフォーマンスが上がり、パソコンが高速化しました。

※パフォーマンステストについては前回の投稿をご覧ください

今はもう手放せないですし、他人のPCを使うと掃除したくなります。

 

Advanced SystemCare6.0のいいところ、私のよく使うところ

 

  • フリー版とは違い、かなり深いところまでメンテナンスしてくれる(プロ版)
  • パフォーマンスモニターでメモリの解放ができる(プロ版)
  • ターボブーストでバックグランドアプリを停止して高速化できる
  • iObitアンインストーラーで、いらないアプリの関連ファイルを削除できる
  • スタートアップマネージャで、不必要な起動アプリを無効化できる
  • 脆弱性を検出し、最新のセキュリティにできる
  • ハードディスクをデフラグしてくれる

 

Advanced SystemCare6.0のケア&スキャン

 

全部で12種類の項目をスキャンできます。
(必要ない場合はチェックを外します)

Advanced SystemCare6.0のケア&スキャン

 

スキャンすると、こんな感じ

Advanced SystemCareでスキャン

 

修復するとスッキリ!

Advanced SystemCareで修復

 

2~3日に1回でもいいと思いますが、私はほぼ毎朝、起動時にスキャンしています。

 

パフォーマンスモニターが便利!

 

Advanced SystemCare6.0から追加された機能のようですが、

これがなかなかいい。

 

メモリの解放は多くのアプリが出されていますが、

このパフォーマンスモニターは、ストレスなくメモリをクリーンにしてくれます。

 

Chromeなどタブを閉じたり、イラストレーター、フォトショップを終了させたときなど、メモリ使用が残っていて無駄に重いときなど、スッと解放してくれます。少しでも重く感じたら、とりあえずメモリ解放ですね!

 

タスクバーのAdvanced SystemCare6アイコンを右クリックし、

「パフォーマンスモニターを開く」

パフォーマンスモニターを開く

 

「メモリクリア」をクリックすると、ストレスなく解放されます。

430MBも解放されると、かなりスッキリ!

パフォーマンスモニターのメモリクリア

 

Advanced SystemCare6.0のツールボックス

 

ツールボックスはこんな感じ。

プロ版でのみ利用できるのは、先述した「レジストリクリーナー」と「インターネットブースター」の2つです。

Advanced SystemCare6.0のツールボックス

 

Advanced SystemCare6.0のターボブースト

 

ターボブーストは、フリー版でも利用できます。

Advanced SystemCare6.0になってから起動や解除が少し速くなった気がします。

※利用するときは事前に環境設定をしておく必要があります。

Advanced SystemCare6.0のターボブースト

 

ターボブーストの環境設定

環境に合わせて、ブーストモードを選択します。私は仕事モード

ターボブーストの環境設定、ブーストモードを選択

 

不必要なシステムサービスを無効化します。

※環境により異なるので各自設定してください。

※わからない場合は無効した後、何か動きがおかしいと感じたらチェック項目を見直すなどしてください。

ターボブースト環境設定、不必要なシステムサービスを無効化

 

Windows以外のサービスを無効化します。

ターボブースト環境設定、Windows以外のサービスを無効化

 

不必要なバックグラウンドアプリケーションを無効化します。

 ターボブースト環境設定、不必要なバックグラウンドアプリケーションを無効化

 

電源管理設定を選択します。

※電源管理を行うソフトウェアを別で使用していない場合は「はい」でOK

ターボブースト環境設定、電源管理設定を選択

 

これで環境設定は完了です

ターボブースト環境設定の完了

 

アプリケーションが停止され、メモリがデフラグされます。

100MBくらい減らせています。

ターボブースト、メモリのデフラグ

 

長い間、パソコンを使っていると、どうしてもパフォーマンスは低下し、ゴミがたまって動作が遅くなります。

とりわけ気を付けないといけないのが、スタートアップです。

 

アプリをインストールする際は、ほとんどの場合、推奨でインストールをしてしまいますが、この際に多くのアプリがスタートアップにも組み込まれ、起動が遅くなり、そのままバックグラウンドで動いたままとなり、無駄なメモリを消費してしまいます。動作が遅いと感じたら、そういった部分の見直しもオススメします。

 

Advanced SystemCare6.0のフリー版はこちら

 

プロ版を検討されているならこちらからどうぞ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です