iPhoneの動作が重い時の対処、メモリ解放とバッテリーを長持ちさせる方法

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 3分50秒

iPhoneのメモリ解放iPhoneの動作が重いと感じたらメンテナンスが必要です。

 

そこで、私が利用しているのは、

 

重くなったiPhoneのメモリを解放してくれるアプリ

 

lAssistant

lAssistant

価格:無料

lAssistant - Life On Touch

アプリをダウンロード

バッテリーを長持ちさせるアプリ

 

SYS Activity Manager

SYS Activity Manager

価格:85円

SYS Activity Manager - メモリ, プロセス, ディスク, バッテリとネットワーク - Appsware

アプリをダウンロード

 

lAssistantのいいところ

 

  • アプリを立ち上げると自動でメモリを解放してくれる
  • 無料である
  • 使い方が極めてシンプル

 

SYS Activity Managerのいいところ

 

  • こちらもメモリ解放できます
  • バッテリーのフル充電(トリクル充電)ができる
  • ディスクの空き容量や、起動中アプリのプロセスがわかる

 

あまりアプリを深く利用していませんが、

とりあえず、メモリ解放は「lAssistant

バッテリーのフル充電は「SYS Activity Manager

という使い方です。

 

lAssistantの使い方

 

簡単明快!立ち上げるだけ。

 

立ち上げると、現在のメモリの使用量の円グラフが表示されます。

lAssistant、現在のメモリの使用量の円グラフが表示

 

少しすると、自動的に解放されます。

※緑のスペース(Free)が増えましたね。

lAssistant、自動的に解放

 

SYS Activity Managerのフル充電の方法

 

フル充電とは?

通常、電源につないでiPhoneを充電を行うのですが、

繰り返し行うことによりバッテリーの蓄電量が少しずつ減ってきます。

満タンにしたつもりでも、少しずつ満タンにできる最大量が減ってきてるんですね。

 

そこで、トリクル充電を行うことにより、バッテリー本来の満タン充電(フル充電)にします。

 

トリクル充電とは?

通常は、バッテリーに急速に電流を与え蓄電しますが、トリクル充電は、微弱な電流を与え続けることにより、隙間なくフル充電の状態にすることができます。

また微弱な電流のため、バッテリーに負荷を与えることはありませんが、充電に時間がかかります。

 

長く使っていると、iPhoneのバッテリーも1日も持たなくなってきますので、

時々、このトリクル充電でバッテリーをフルに使い、蓄電量の減らさないようにメンテナンスしましょう。

※フル充電を行うと、100%から99%への減りが、結構長く感じます。

 

フル充電の方法は簡単です

 

  1. SYS Activity Managerを立ち上げる
  2. iPhoneをケーブルにつなぎ充電する

 

それだけです。

 

SYS Activity Managerを立ち上げ、「バッテリ」をタップ

SYS Activity Manager

 

ケーブルにつなぎ充電開始。

満タンになるまで通常の急速充電状態です

SYS Activity Manager、通常の急速充電

 

満タンになると、トリクル充電に変わります。

もう少しと完了しますとありますが、意外に結構かかります。

SYS Activity Manager、トリクル充電

 

しばらくするとフル充電が完了します。

SYS Activity Manager、フル充電

 

フル充電が完了したら、速やかにケーブルを外してください。

繋いだままだと、逆にバッテリーに負荷がかかり寿命を縮めてしまいます。

 

私は基本的にサイレントで使っていますが、

フル充電のお知らせアラームなども設定できます。

 

メモリ解放しても、iPhoneが重く、動作や挙動が改善されない場合は、無駄なファイルが増えてきているかもしれません。iPhoneもPCと同じく使うごとにのアプリにキャッシュやジャンクファイルが溜まってきます。そんな場合は、無駄ファイル以下の方法でを削除してみてください。

※iPhoneが重い時の対処法2(PhoneCleanで無駄ファイル・キャッシュ削除)
※簡単にiPhoneをクリーンに掃除できるアプリ(iCleaner)

LINEで送る
Pocket

4 Comments

  • Pingback: iPhoneが重い時の対処法2(PhoneCleanで無駄ファイル・キャッシュ削除) | Forest of Memory

  • 2013/02/05 - 12:17 | Permalink

    「IAssistant」でアプリ検索しても出てこないと思ったら、

    頭文字は、「i」の大文字「I」じゃなく、「l(エルの小文字)」が正解なんですねっ(^▽^;)

    このブログ内では、「i」の大文字になってるようですよぉ♪

    ともかく、情報ありがとうございます!!!
    とても参考になりましたm(_ _)m

    • admin
      2013/02/05 - 15:15 | Permalink

      長谷川様。当ブログをご覧いただきありがとうございます。
      アプリの綴りの件、大変失礼いたしました。
      また、ご指摘いただきありがとうございます。修正させていただきました。
      Forest of Memory

  • 2014/02/09 - 14:45 | Permalink

    はじめまして

    わかりやすい記事を ありがとうございました

    記憶の為に?

    我が家に リンク 貼らせて頂きますね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です