MACで、DVDの動画から音声ファイルだけ抜き出す方法

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 5分16秒

DVD動画から音声を抽出子供に少しでも英語に慣れ親しめるよう、子供向けの英語の歌のDVDを買っていたのですが、動画のクオリティは酷いものであまり見せたくない。

 

そんなワケで、音声だけ抜き出してiTunesで日常流しておくことに。

 

DVDから音声だけ抜き出す方法は、様々な方法がありますが、ここでは、MACで簡単にできたので、書いておきたいと思います。

 

※Windowsの方法ではないので、悪しからず。

 

 

DVDの動画から音声だけ抽出する手順

 

  1. 無料動画変換ソフト、HandBrakeでDVDの動画(VODファイル)をMP4などのPCで再生できる動画ファイルに書き出す
  2. 書き出したMP4のビデオファイルから、MACで音声のみ抜き出す

 

以上となり、簡単です。

要するに動画フォーマットに書き出して音声を抜くだけです。

 

※ここでは、動画からの音声だけ抽出する方法となり、音声をトラックごとに分けるには、別途作業が必要となります。

その方法については、いい方法がわかり次第追記いたします。

 

では、始めます。

 

HandBrakeでDVDの動画をMP4(M4V)に書き出す方法

 

HandBrakeをダウンロードして、インストールします。

HandBrakeのダウンロードサイトはこちら

この投稿では、HandBrake英語バージョンで説明していますが、日本語バージョンでの説明を別途記載しています。
※HandBrake日本語バージョンのダウンロードはこちら
※初心者のためのHandBrake(ハンドブレーキ)の使い方(Windows編)

 

ここではシンプルに書き出す方法で説明します。

 

ソフトを立ち上げると、変換する動画ファイル(ソースファイル)を聞いてきまので

挿入されたDVDのファイルを選択し、「Open」をポチ

HandBrake、ソースファイル

 

自動的に、動画の全チャプターを読み込みます。

HandBrake、チャプターの読み込み

 

読み込が終わるとこんな感じ

HandBrake、チャプター読み込み終了

 

このDVDはチャプターはが13曲まであり、トータル時間は25分31秒あります。

 

次に、書き出す動画ファイルの形式を選択します。

 

Formatは、iTunesで再生できる「MP4 File」を選択します。

※MKVファイルは優れた動画ファイルですが、iTunesで再生できませんのでここでは無視します。

 

Video Codec(圧縮方式)は、スタンダードなH.264を選択

HandBrake、Video Codecの種類

 

音声だけ抜き出すので、ココでは必要ありませんが、

動画を書き出す際に字幕がある場合は注意が必要です。

※何もせず書き出した場合は字幕がでません

 

字幕を設定するには、「Subtitles」のタブをポチ

HandBrake字幕(Subtitles)を設定

 

今回書き出す動画は、英語の歌のDVDなので、字幕も書き出し設定してみます。

Trackのプルダウンを選択すると、

「Foreign Audio Search」と「English」が表示されます。

字幕書き出し設定

 

ココでは、「English」を選択。

 

※Foreign Audio Searchは、例えば日本語の映画で、多言語が出てきたときの字幕を表示します。このDVDは英語のDVDで字幕は英語だけなので、「English」を選択します。

ちなみに、このDVDは、多言語が出てこないのでForeign Audio Searchで書き出した場合は、何も字幕は出てきませんでした。

 

MP4形式で書き出す場合の字幕は、動画自体にビットマップの字幕を焼き付ける方式のみとなりますので「Burnes In(焼き付け)」にチェックが入ります。

MP4形式で書き出す場合の字幕は、Burnes In(焼き付け)」にチェック

 

その他、詳細設定はいろいろありますが、基本的にはこれで問題ないかと思います。

 

次にファイルに書き出します。

「Start」ボタンをポチ

HandBrake、書き出しをスタート

 

下側に書き出しの進捗バーが表示されます。

時間の長いDVDはそれなりにかかりますね。

HandBrake、書き出し中画面

 

書き出しが終了すると教えてくれます

HandBrake、書き出し終了

 

デスクトップに保存されました。

書き出しされた動画ファイル(.m4vファイル)

 

MP4で書き出しのにファイルが「.m4v」となっています。これは、Appleが採用している動画形式で、MP4ファイルで圧縮コーデックがH.264のものは.m4vとなります。

なので、この動画も、もちろんiTunesで見ることができます。

 

MP4ファイル(m4v)からオーディオ音声のみ抽出する

 

さて、本題の音声抜き出しですが、MACはOSのLion以降、デフォルトに機能が追加されています。

 

動画ファイルを右クリックし

選択したビデオファイルをエンコード」をポチ

選択したビデオファイルをエンコード

 

「メディアをエンコード」画面が表示されます

メディアをエンコード

 

設定から「オーディオのみ」を選択し、「続ける」をポチ

メディアをエンコードからオーディオのみを選択

 

ソースファイルと同じディレクトに音声ファイルが書き出されました。

動画から抜き出した音声ファイル(.m4aファイル)

 

この方法は動画を書き出すのに、時間がかかってしまうのが難点ですが、とりあえず目的は達成できます。

 

DVDの動画をPCに保存するHandBrakeについて、詳しく説明しています

※初心者のためのHandBrake(ハンドブレーキ)の使い方(Windows編)

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です