[WordPress]サイトマップ(sitemap.xml)の作成方法

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 2分20秒

sitemap

さて、WordPressでのサイトマップ作成方法です。

 

通常はホームページを作成するとサイトマップページを作成し、サイト全体のページが一目瞭然にわかるようにしておきます。

ユーザーがサイト内のどのページにも必ずアクセスできるようにするためですね。

しかし、ここでのサイトマップ(sitemap.xml)は、ユーザーではなく検索エンジンに対してサイトの全ページを隈なくクロールしてもらうために作成します。

SEO対策の一つでもありますね。

このxmlというファイルを作成するのは、手動でもかまわないのですが、WordPressの場合は、便利なプラグインがあります。

 

Google XML Sitemaps with Multisite support

ダウンロードはこちら

http://wordpress.org/extend/plugins/google-sitemap-generator/

 

 

Google XML Sitemaps with Multisite supportを設定する

 

サイトからプラグインをダウンロードし、アップロードしてプラグインを有効にします。

Google XML Sitemaps設定画面

 

有効にすると、サイドメニューの「設定」の中に、「XML-Sitemap」というメニューが表示されています。

設定メニューのXML-Sitemap

 

サイトマップはまだ構築されていませんので「こちらをクリック」をポチ。

Sitemap.xmlの作成

 

sitemap.xmlが作成されました。

sitemap.xmlの作成完了

 

「サイトマップ」のリンクをクリックすると、XMLファイルの画面がブラウザで確認できます。

Sitemap.xmlブラウザで確認

 

さて、詳細の設定ですが、初期設定の状態でほとんど問題なさそうです。

Google XML Sitemaps基本的な設定

 

次に、更新頻度の設定というのはクロールされる頻度のことですが、

私の場合は、「投稿(個別記事)」の更新頻度を「毎週」に変更しました。

だからといってSEO的に有利になるということでもないのですが。

Sitemap.xml 更新頻度の設定

 

 

sitemap.xmlを検索エンジンに送信する

 

sitemap.xmlを作成しても作るだけでは意味がありません。

Googleウェブマスターツールで、検索エンジンにクロールしてもらうよう送信しておきましょう。

 

ウェブマスターツールでのsitemapの検索エンジンへの送信方法はこちら

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です