[iPhoneアプリ] PCから直接iPhoneにテキストを送れる「Lazy Text」が便利

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 2分2秒

パソコンでいろいろ作業をしている時に、テキストやURLなどすぐに送りたい時にいつも困ってました。

わざわざ、メール立ち上げて送るのも面倒です。

 

そこで、「Lazy Text」の出番です。

Lazy Text
Lazy Text
価格:¥85
Lazy Text - NONAME STUDIO

アプリをダウンロード

※無料のLite版もありますので試すならこちらがいいかもしれません。
Lazy Text Lite – NONAME STUDIO

 

Lazy Textの仕組み

 

 

このアプリは、PCとiPhoneが同じWi-Fiネットワーク上にあることで簡単にコピペができます。

なので、最初にネットワーク設定しておく必要があります。

 

ネットワークの設定

 

アプリを立ち上げると、画面の下側に、IPアドレスが表示されますので、そのアドレスをPCのブラウザで開きます

Laxy Textの立ち上げた画面

 

PCのブラウザに記入して開くと、こんな画面が。

PCのブラウザにIPアドレスを入力

 

テキストを入力し、Submit!

テキストが一瞬で、Lazy Textに送られます。

テキストが一瞬で、Lazy Textに送られます

 

超便利です。
さらに便利なのが、送付したテキストが、

  • URLなら → safari
  • 住所なら → Map
  • アドレスなら → Mail

 

といった具合に、用途によって使い分けられるのも、痒いところに手が届く感じです。

また、History(履歴)も残っているので、以前に送ったテキストも探すことができます。

 

Lazy Textをシステム化する

 

別に大層なことはないのですが、
IPアドレスをブラウザにいちいち入力していては、手間がかかって元も子もありません。

 

ブックマークバーに登録しておきましょう。

 

私はこんな感じ

ブックマークに登録

 

自宅と会社で割り当てています。

 

※複数のブラウザやiPhoneでブックマークを統一したいなら「Xmark」が超便利です

 [Xmarks]複数のブラウザやiPhoneでブックマークを統一する

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です