ハードコンタクトレンズを激安で買う方法

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 3分28秒

ハードコンタクトレンズ今年に入ってから目の疲れが酷すぎるのですが、どうもコンタクトの度が合わなくなってきており、無理してるのがイカンことに気づきました。

 

とりあえずコンタクトレンズを買いかえようと決めたのですが、いつも何故かもったいなく感じているのは私だけでしょうか?

 

いつもは、アイシティーのような量販店で購入してたのですが、値段はいつも2~3万円くらいかかります。

 

1年間なら度の調整などの交換無料ですが、急な出費はキツイ。

 

そんなわけでいろいろ調べてみると、ハードコンタクトレンズも処方箋なしでネットで安く買えることを知りました!

 

なので今回は、ネット通販でハードコンタクトレンズ購入に踏み切りました。

 

ハードコンタクトレンズ歴、20年以上ですが、初のネット購入です。

 

 

私の行ったハードコンタクトレンズ購入までのながれ

 

  1. コンタクトレンズの処方箋:指示書、または度の検査をしてくれる眼科を探す
  2. 眼科が見つかったら、そこで検査してもらう
  3. 処方箋、指示書をもらい、それをもとにネットで購入

 

 

眼科の検診では注意点があります

 

眼科により、扱うコンタクトレンズのメーカーが異なります。

 

自分にあったメーカーで検査してもらえるか確認しましょう。

因みに私は「HOYA」

 

ところで、コンタクトレンズの調整や検査だけしてくれる眼科がなかなかないんですね。

なので私は片っ端から電話して確認しようとしたら
ラッキーなことに2件目で見つかりました。

しかも、検査費用は980円、安いですね。

コンタクトレンズ調整の検査費用

 

 

私がもらった指示書(コンタクトレンズデータ)は、こんな感じ。

コンタクトレンズの調整、度数の指示書

 

あとは、これをもとにネットで購入します。

購入の際は、コンタクトレンズのデータを間違わないように入力しましょう

コンタクトレンズ購入画面

 

コンタクトレンズの専門用語が出てきたので調べてみました。

 

「BC」とは?

ベースカーブのこと。つまり、コンタクトレンズの湾曲具合を数値化したものです。

 

「PWR」とは?

正式にはPOWERというようです。レンズの度数のことですね。

 

「DIA」とは?

ダイアメーターというようです。コンタクトレンズの直径の数値です。

眼科でもらったレンズ指示書のDIAサイズが、ネット購入画面にはありませんでした。

基本的にはレンズごとにサイズが決まっているみたいですね。

多少サイズが違っても問題は無いようです。

 

 

私の場合は、楽天で調べて購入しました。

 

 

私が購入したのは、HOYAレンズ、両目で5900円。

安いぞ。安すぎる。

 

届くのに3〜4日かかりましたが、なんの問題もなく、快適なつけ心地で、大満足です。

 

この値段なら、無くしたり、壊れたりしても気になりませんね。

 

量販店では、1年以内は何度も調整や交換が無料ですが、5000円程度なら、4回くらいは変更できますからね。

 

すみませんが、もう量販店に行くことは無いかもしれませんね。

 

 

LINEで送る
Pocket

One comment

  • i
    2014/03/20 - 14:57 | Permalink

    購入されてるレンズと、処方箋のレンズが違いますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です