[Advanced SystemCare] 無駄なメモリを減らしてWindows、PCを高速化(ターボブースト機能)

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 2分36秒

【Advanced SystemCare】ターボブースト

Advanced SystemCareプロ版を使って、非常にPCが軽くなってすごく快適になりました。

そこで、FREE版でも付いている機能で「ターボブースト」というのがあります。

※Advanced SystemCareについて詳しい記事はこちら

 

これは、PCで作業をする時に、普段あまり使わないツールやアプリを停止し、使用メモリを減らすことでPCを高速化します。

 

つまり、無駄に使用しているメモリを省いてくれるツールです。

 

例えば、「仕事モード」や、「ゲームモード」など設定することができます。

 

※バージョンが6.0にアップしました。改めて内容をまとめ直しています。最新版の内容はこちら

 

ターボブーストを設定する

 

 

Advanced SystemCareを起動し、ターボブーストの「環境設定」をクリック。

Advanced SystemCare ターボブースト

 

「仕事モード」、または「ゲームモード」を選択できます。

私の場合は「仕事モード」で次へ

ターボブースト モードの設定

 

次に、不必要なシステムサービスを選択します。

必要なも不要なもは状況によりますので、各自で選択してください。

※私は一旦すべて無効化して、作業上なにか問題が発生した場合、一つずつ戻してチェックしました。

ターボブースト システムサービスの無効化設定

 

次に、Windows以外のサービスで無効化したい項目を選択します。

こちらも状況によりますので各自で選択してください。

ターボブースト Windows以外のサービスを無効化

 

次に、不必要なバックグランウドアプリケーションを選択します。

こちらも状況によりますので各自で選択してください。

ターボブースト バックグラウンドアプリケーションの無効化

 

次に、Windowsテーマの無効化を選択します。

Windowsテーマはクラッシックモードにすると非常に軽くなるのですが、あまりのデザインの悪さなので私は無効化せず。

ターボブースト Windowsテーマの無効化

 

これで設定は完了。

ターボブースト 環境設定の完了

 

完了すると、無効化に設定した項目が次々に停止してきます。

51.07MBのメモリがデフラグされました!

ターボブースト 起動中

 

閉じると、ターボブースとがONとなります。

ターボブースト ON

 

さて気になるパフォーマンスです。

 

 

私のPCでの調査結果です

 

調査のため、一旦再起動して、Advanced SystemCareを起動したときのパフォーマンスを測定。

PF使用量は、635MB

ターボブース前のタスクマネージャ 

 

それでは、ターボブーストをON!

おー、526MBに減少!

ターボブース後のタスクマネージャ 

 

約100MB軽くなりました!!

 

なかなか使えます!

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です