いらなくなったモノを有益に処分する方法

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 2分47秒

ちょっと待った!我が家も手狭になってきたので、先日断捨離しました。
※断捨離とは、深い意味があるそうですが、とりあえず家のいらないものを捨てることです。

 

出るわ出るわ、いらないモノ。
そこで、とりあえず場所をとっているCD(約200枚)を処分することに決めました。
※時代の流れとは言え、CDもあまり買わなくなりましたし、iTunesにすべて保存することにしました。

 

で、どこに売ろうかと思っていたのですが、探すのもめんどくさいので
とりあえずBOOKOFFに売りに行きました。

 

そこでわかったこと。

 

ブックオフは、本やCDだけではなく、生活雑貨全般のリサイクルショップになっていました。

私の行ったところは、川崎のブックオフ

BOOKOFF SUPER BAZAAR 409号川崎港町

 

CD・本の他に、洋服、子供服、スポーツ用品、ブランドバッグ、食器や楽器などなど。

はっきりいって、なんでも売っています(=買い取ってくれます)

試しに売ったCD(約70枚)ですが、
なんと、1万円になりました。

 

これにはビックリ!
(3000円くらいにでもなればいいかと思ってたので。。。)

 

そこで、捨てるつもりのものをまとめて売りに行きました。

残りのCD、使わないブランドバッグ、捨てるつもりの服、さらに子供のガラクタなどなど、大量に!
(およそ台車2台分)

 

全部売った合計は、なんと3万円(前回のCD合わせたら合計4万円です)

 

※私の場合、割とレアなものがあったようです。しかし値段がつかないものや数十円といったものも多いですが。値段の付かないものは、引き取って処分してくれます(もちろん無料)

 

インテリアやPC、電化製品は無理ですが、生活雑貨も捨てるのに一苦労しますので
アリガタイ限りです。

 

そこで、私の経験上の売りに行くコツ

 

●あまり期待しない
以外に高く売れた時にうれしいです
●特に洋服は期待しない(捨てるつもりで)
洋服はそれなりのメーカー以外はほとんど値がつきません
●売るものは多いほうがいい
少ないと、数百円、数十円の場合もあるので、楽しくないかもしれません
●時間に余裕をもっていく
CDや洋服には査定に1時間近くかかる場合があります
●できれば平日がいい
土日は人がいっぱいです。それだけ待ち時間も長くなります
●いちいちキレイにしない
もちろんキレイにこしたことは無いですが、値段がつくかどうか微妙なものに
時間をかけるのは無駄です
●売ったお金でリサイクル商品を買わない
これは別に買いたいものがあればいいのですが、
ブックオフの戦略にハマっている気がして、、

 

売りに行く場合は、「大型集合店舗」が良いです。
ブックオフの店舗検索はこちら

 

あまり金額がつかない場合もありますので予めご了承くださいませ。

※金額を受け取る際に、身分証明書の提出が必要ですのでこちらもお忘れなく。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です