絶対手放せないパスワード管理ツール「LastPass」が便利すぎる!

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 約 5分33秒

LastPass

パスワード管理ツール、何を利用してますか?

いろいろあると思いますが、私はかなり前から「LastPass」を使用しています。

 

他のパスワード管理ツールと比較して使い始めた訳ではないのですが、この便利さはもう手放せません。

 

LastPassの何がいいの?

 

楽天やAmazon、Gmail、TwiterやFacebookなど、アカウントへのログインが必要なWebサービスは増え続ける一方です。

 

しかし、すべてのパスワードを同じにしたり、覚えやすいものにしているとセキュリティの面で危険ですよね。

※私はGmailで、外国でログインをされた形跡があり、すぐにパスワードを変更するようにGoogleから通知が来たことがあります。

 

そこで、LastPassでは様々なパスワードをすべて暗号化してクラウドに保存し、ログイン画面が表示されるとIDやパスワードが自動入力されるので覚える手間も入力手間もいりません。

(自動ログインの機能もあります)

 

しかし、絶対忘れてはいけないパスワードがひとつあります。

それはLastPassにログインするマスターパスワードです。

 

LastPassの特徴

 

私が利用して便利だと思うところ

 

  • ほぼ、すべてのブラウザに対応している(Chrome、Safari、Firefox、IE)
  • フォーム入力機能も付いている
  • セキュアノート(重要文書など)を保存できる
  • 同サイトで複数のアカウントがある場合でも利用OK
  • iPhoneなどはブックマークレットを設定すれば利用可能

iPhone、iPadで利用する場合

 

iPhone、iPadでは専用アプリが用意されていますが、

iPhoneの場合はプレミアム会員での有料登録が必要となります。(年間12$)

※iPadは無料です。

しかし、iPhone、iPadでは、アプリから専用のブラウザを利用する形となり、正直あまり便利とは言えません。

私はプレミアム会員で利用していますが、アプリはほとんど利用していませんし、無料で使うなら、ブックマークレットの利用で十分だと思います。

※iPhoneブックマークレットの利用についてはこちら

 

LastPassのセキュリティ

 

LastPassのセキュリティを十分なものにするためには、マスターパスワードを強固なパスワードにしておかなければなりません。

※LastPassのセキュリティについては、100%安全とは言いきれませんので利用するかどうかは自己判断となります。

 

 

LastPassの登録方法

 

ここでは簡単に登録方法を追って説明します.

※Windowsで説明しますが、Macでも基本的には変わりません。

 

まずLastPassのサイトから、自分の環境に合ったインストーラをダウンロードしインストールします。

https://lastpass.com/

 

Download LastPassをクリック

LastPassサイト、トップページ

 

現在の環境に合わせたおススメのダウンロードが表示されます。

ここでは、ユニバーサルWindowsインストーラをダウンロード

LastPassダウンロード

 

実行します

LastPassインストーラー

 

インストール画面が表示されます。次へ

LastPassインストール、トップ

 

PCにインストールされている各ブラウザのプラグインをチェックします

私の場合は、Chrome、Firefox、IE

LastPassインストール、ブラウザの選択

 

次に、アカウント作成を行います

LastPassアカウントの作成

 

表示されるままに進めていきましょう

LastPassアカウント登録画面

 

マスターパスワードを設定します。

※もちろん後でも変更できます

LastPassマスターパスワードの設定

 

次に、ブラウザに覚えさせているパスワードを検索し、すべてLastPassへインポートすることができます。

LastPassブラウザからインポート

 

それぞれ検索されたパスワードが表示されます。

※必要の無いものがあればインポートのチェックを外します。

LastPassブラウザからパスワードの検索、削除

 

セキュリティを強くするため、ブラウザに残っているパスワードをすべて消去します。

LastPassブラウザに残っているパスワードを削除

 

インストール完了

LastPassインストール完了

 

チュートリアルを見たい場合はどうぞ

LastPassチュートリアルを見る

 

それでは、LastPassにログインします。

※ここではChromeで説明します

ブラウザ右上に、LastPassアイコンが表示されているので、クリックします。

※ログインしていない時は、色が黒いです。

LastPassブラウザのアイコン

 

メアド、マスターパスワードを入力してログインします。

LastPassへのログイン

 

メアドとパスワードを記憶しておくと便利ですが、

セキュリティの面を考えると、パスワードは毎回入れた方がいいでしょう。

 

アイコンがアクティブになりました。

LastPass、アイコンのアクティブ

 

以上でLastPassの設定は終了です。

 

新しくWebサイトのログインを行った場合

 

新しくWebページのログインを行うと、「サイトを保存」するか聞いてきます。

LastPass、新しいサイトの保存

 

保存内容の確認が表示されるので、

内容に間違いが無ければ「保存」をクリック。

これで、次回からそのログイン画面を表示すると、自動で入力されます。

LastPass、サイト保存内容の確認と保存

 

こんな感じです

LastPass、Webuサイトログイン時

 

※自動ログインにチェックを入れておくと、ログイン画面が表示されると数秒で自動的にログインします。(結構便利です)

 

同サイトに複数のアカウントを登録している場合は、目的のものを選択します。

LastPass、複数アカウントがある場合のログイン時

 

それでは、LastPassをiPhone、iPadで利用するときの方法はこちらで説明しています。

 

LINEで送る
Pocket